平成24年4月より、外来診療にも限度額適用認定証が使えるようになりました。

お知らせ

これまでは、外来診療でひと月の窓口負担が自己負担限度額を超えた場合には、いったんその額をお支払いいただき、後で高額療養費として還付することになっていましたが、平成24年4月からは、外来診療を受けた場合も入院時と同様、医療機関等の窓口に限度額適用認定証等を提示すれば、限度額を超える分を支払う必要がなくなりました。

また、保険薬局、訪問看護事業についても同様に限度額適用認定証を受けることによって自己負担限度額までの負担で済むようになりました。

限度額認定証等の交付を受けるには、これまで通り事前に当組合への申請が必要になります。

>>高額療養費について

トップページ